◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る

太陽光発電は屋内分電盤が家庭の各電気機器に使用することが出来るように、電力を分配していきます。
さらに電力量計メーターというのは余って電力会社に買い取りをしてもらった電力や、不足をして電力会社から購入した分の電力を電力量計で計量することが出来ます。

 

太陽光発電の設置費用は150万〜300万円程度で、メーカーや請負業者などで大きな差があります。
購入をする際には予め念入りな調査や確認を実施するようにしましょう。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。 屋根の上に設置されている太陽光発電システムの太陽電池モジュールで、太陽の光を受け効率よく電気を作っていきます。
ここで作られた電気というのは直流電力ですのでパワーコンディショナに送り、ご家庭で使用することが可能になるように交流に変換する必要があります。

 



◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作るブログ:2022/5/24

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それから2ヶ月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも両親と見舞いに行ったオレに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのは父親方の祖母で、
つまりオレの父親のママになるわけだが、
当の父親は少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

ママは少し呆れていたが、
オレには父親の気持ちが良くわかった。

オレも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、日々畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

オレの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、オレは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

オレは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
オレはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないオレは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなオレを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうオレに言って笑った。

オレはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の晩遅く、
父親は泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えた父親が、
大声で泣いていた。

それをオレは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。
 

ホーム サイトマップ