レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。



レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報ブログ:21 6 2022

減量中は
高タンパクの食事を心がけましょう!

どうして高タンパクの食事が
減量に有効なのかというと…
筋肉を維持するためにタンパク質が必要となるからです。

タンパク質が不足すれば
筋肉量は減ってしまい代謝が低下します。
代謝を高く保ち、痩せやすい肉体を維持するためには
筋肉量がとても重要なんです。

減量中は食事制限により、
普段よりも栄養素が不足しがちになります。

本来、筋肉を生成・維持するために
不足してはいけないタンパク質も不足してしまうわけです。

タンパク質が不足することで筋肉が減少し、
基礎代謝の低下を招いてしまうので、
減量中は、
高タンパクの食事が効果的となるのです。

柔軟運動やジョギングなどの運動を行っている場合は、
特にタンパク質の摂取には気をつけたいところです。

運動を行えば、筋肉が疲労します。
疲労した筋肉を元の状態に回復させるのも、
タンパク質の役割だからです。

これを無視してしまうと、
筋肉は回復ができずに減ってしまいます。

運動で筋肉を働かせたら、
しっかりと栄養を与えて回復させることは、
とても大切なことなんですよ。

運動で疲労した筋肉を回復させ、
筋肉をよい状態に保ち、代謝の高い肉体を維持するためにも
減量中は高タンパクの食事を心がけましょう。

高タンパクの食事を摂るには…
特に鶏のささ身は低カロリーで高タンパクなのでベストです。
減量では鶏肉と魚を中心とした食事を
食べるように心がけましょう。

食事だけではタンパク質が不足しがちになるので、
低カロリーでタンパク質が豊富なプロテインドリンクを活用すると
理想的な食事が摂れるようになりますよ!